不器用さん必見!超簡単でおしゃれなスカーフの巻き方




シンプルなコーデにワンポイントが欲しいとき
 
ちょっと肌寒いけどストールやマフラーを巻くにはまだ早い
  
いまの時期には、スカーフが使えます♪
 
  
スカーフは室内やお食事中にもはずさなくて大丈夫なので、首もとがスースーするときにもおすすめ♡ 
 
 
先日のコーデで、さっそく巻いてみました。
トップス/BRAHMIN
デニム/DMG
ベルト/不明
バッグ/LIVIit
スニーカー/adidasスタンスミス
スカーフ/UNIQLO
 
 
光沢のある素材だけど…超シンプルなトップスにデニムを合わせた、ほんと何てことない普通コーデ。
 
 
スカーフをサラッと巻いただけで、顔まわりが華やかになるしちょっとオシャレに見えます。
 
 
首もとも暖かいよ♪
この日の巻き方は「アフガン巻き」って呼ばれるものに近いけど、
 
 
わたしが出来るくらいなので、めっちゃ簡単です!!
 
 
スカーフのサイズは58cm×58cm。
 
少し小さめのサイズで、最近ショップで見かけるものは割とこの大きさのものも多いです。
 
 
本やネットに書いてるのと違って、
(これもネットだけど!笑)
 
ほんとに簡単だから、ぜひお試しください。
 
   
では、あまりにも簡単な巻き方をどうぞ♪
 
 
① 三角形になるように半分に折ります

ポイントはきっちり半分じゃなくて、ちょっとズラすこと。

 

↑ここ、重要!! 

 

 

 

② 三角形の底辺を少し折り返します

巻いたときの三角形の大きさや、首もとの詰まり具合をここで調節する感じ。
 
今回は1回折っただけです。
 
スカーフのサイズや好みで調整してみてくださいね。
 
 
③ 三角形の頂点が前に垂れるように首にひと巻きします
頂点を真ん中じゃなく、左右どちらかにズラすとおしゃれ感がアップ。
 
 
 
④ 長い方を上から下へ1回結び、さらに上に出てきたほうを同じように結びます
ここがちょっと分かりにくいかな?
 
同じように2回結ぶ感じです。
  
 
 
⑤ 結んだ方の長さや三角形の形を整えて出来上がり♪
 
 
で、実際に自分に巻いてるのがこの写真。

トルソー(マネキン)に巻いてるのと、ちょっと雰囲気違うでしょ?

 

トルソーと人間の身体は同じじゃないから、同じ巻き方をしても同じにならないのです。

  

人は動くしね♪

 

  


なので、あなたが同じ巻き方をしても全く同じにならないと思うけど、大丈夫♡

 

 

体型も、スカーフの素材も、サイズも微妙に違うから。

 

  


カーディガンの肩掛けやシャツの腰巻きの方法の記事でも書いたけど、

 

同じにならなくて大丈夫だから、安心してやってみてください。

 

 

だいたい本やネットを見てやっても、同じにならなくて諦めちゃう。

 

「わたしセンスない~」って。

  


「スカーフの巻き方」って、けっこう小難しいのが多い(笑)

 

 

でもこれほんとリアルに簡単だから、とにかくやってみて♪

 

慣れることも大事だから、諦めずに自分に合わせて調整してみてくださいね♡

 


 

巻くのにはまだちょっと早いウールのストールも、バッグに置いたりで使うなら今の時期から使えます♪


 

ストールの巻き方も、ほんとに簡単なポイントを押さえるだけでグッとオシャレになるので、また書きますね。