【アクセサリー苦手な方必見!】鮮やかカラーのカーデをアクセントに大人体型をカバー!!


 

「シンプルなコーディネートに、ポイントとなる小物を」
  

おしゃれの法則としても、よく見かけるこのフレーズ。
 
 

特に大ぶりのピアスやイヤリング、ネックレスなどは、顔まわりに華やかさもプラスでき、視線もあがるので、いろんな場所でよくオススメされています。 
 
 
 
もちろん、それは確かな情報。
 
 
でも、いろんな事情で「アクセサリー苦手!つけられない!!」という方もいると思います。
 
 
小さな子どもさんがいて、期間限定でネックレスやピアスがつけられない場合も。
 
 
 

わたしはね、アクセは大好き♡ 

 

 

だけど、金属アレルギーでつけられるものは数少ないし、気をつけていてもかぶれると、治るまではしばらく何もつけたくなくなります。

 

 

実は最近も、ネックレスの留め金で首の後ろがかぶれてしまい、ポイントとなる大ぶりのネックレスはつけられません。

 

 

(小ぶりのプラチナなんかのネックレスは大丈夫)

 

 


そんなとき、鮮やかなカラーのカーディガンを使って、コーディネートにアクセントをプラスしてみます。
 
Tシャツ/グローバルワーク
インナー/UNIQLO
スカート/UNIQLO
カーディガン/マカフィー
バッグ/LIVIit
パンプス/BRAHMIN
 


シンプルなグレーTシャツに、ネイビーのニットスカートに赤のカーデを腰にひと巻き。
  
 
 
Tシャツとスカートだけだと「ただの普通」になりがちなコーデが

アクセサリー(ネックレスやイヤリング)がなくても
 
赤のカーディガンをプラスすることで、グッと華やかに垢抜け。

 
 
わたしは、手もとのアクセは付けています。
 



さらに腰に巻いたカーデは、大人のお腹まわり、お尻まわり問題も解決してくれます。


ぴったりしたシルエットが魅力のニットスカートだけど、問題はやっぱりぽっこりお腹やお尻…。。
カーディガンがないと、お腹ぽっこりと、インしたトップスのもごもご感が気になります。
 
 


トップスをふんわりインするのはもちろんのこと、カーディガンを腰に巻くことで、気になるお腹やお尻まわりをかカバー。

うん!すっきり!!

 

 

ショーツやパンストのラインの響きもカバーしてくれます。

 

  

 

 

カーデの結び目をセンターから少しサイドにずらして、腰の張りを隠すことで、前から見たときの横幅も細見え効果が。


 

アクセサリーがつけられない場合のアクセント代わりとしても

 

気になる体型カバーとしても

 

お得な一石二鳥でも(笑)

 

 

ぜひ、お試しください♡

 

  


 

アクセサリー、実はつけてみたいかも・・・という方は、こちら↓も。

 

 

 

ウエストインが苦手な方はこちらも↓

 

 

LINE@限定の無料着こなしレッスンもしているので、気になる方は下の「ご案内中のメニュー一覧」をご覧くださいね♡


LINE@始めました♡

LINE@限定のお得な情報や、レッスンの先行ご案内をお届けしています♡

ブログの更新情報や、ブログには書きにくいおすすめのアイテムなども配信中♪



心に寄り添うパーソナルスタイリスト/温布®販売店 AKI NODA

公式WebサイトSoleje-ソルージュ-へようこそ!

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ♡


ブログランキングに参加中!